今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チクチクコツコツイキイキし展ねん

 今年も大阪北浜のギャラリー遊気Qで毎年恒例のチクチク展が始まっております。

 3/20~3/28まで(3/24,25休み)12:00~19:00



 今年は、以前別のギャラリーで個展した時のディスプレイを活用。

2018kq2.jpg
 窓から作品たちもこんにちは!

2018kq3.jpg

 ハチドリ等鳥の羽根を作くる技術を応用して、アクセサリーパーツとしても販売。

 最終日の28日は、犬ブローチの(フレブル)ワークショップも行います。





にほんブログ村


スポンサーサイト

ライオンの咆哮



初めてのスマホからの投稿(^_^;)

モデムが故障かプロバイダーの障害か? デスクトップPCがネットとつながらない(TT) 年末からずっとこの調子なので、今後どうするか考え中。

とりあえず新作アップしておきます。



ライオンの咆哮。

20180123012050583.jpg
シワ表現するのが、難しかった。

続きを読む »

生々しいコリラ

 新年一作目は、ゴリラ。 ゴリラ等のサル類とビッグキャット類は一番作り甲斐のある動物。

 今回は、長年出来なかった新しい技法に挑戦した。
 ゴリラの顔は毛がないし、独特の皮膚感があり、フェルトでの再現に限界を感じていた。

 そこで軽量粘土のベースに着色した樹脂粘土をドロドロに溶かして、コーティングしてみた。
結果、ほぼ狙いとおりの質感になった。 ただ、フェルトでの質感にも味わいがあり、今後は
気分で使い分けしていくと思う。


 顔以外は、モヘアとメリノの混合。

gg33.jpg

 全高約20センチ。 トイスケルトン内蔵で手足は可動。

gg55.jpg

 他の写真は、インスタ「真心職人」で検索してもらえれば、出てきます。

 
にほんブログ村

手袋を買いに

 最近は、自作モールを活用した作品に凝っている

 最も有効な部位が尻尾。 狐の尻尾のふさふさ感を表現するのに
自作モールは最適。



 せっかく作るなら、過去にも作ったことのある新見南吉の手袋を買いにに出てくる
狐の親子を作ろう。

 nn101.jpg

 モールによる造形は、まだまだ試行錯誤で、モールを多用するのを優先したため、
完成度はイマイチ  まだまだ修行が足りない。




にほんブログ村

オオヤマネコ

 小型で可愛いものが好きな日本人。そんな嗜好に迎合していると、
ストレスが溜まってきた。

 ここは以前から作りたかったものでリセット。

ooy1.jpg

 オオヤマネコ 、ヨーロッパを中心に森に棲む野生の猫。

ooy3.jpg

 手のひらサイズなのだが、本当はもう少し小さく作りたかった。
ガラス製の目玉にこだわった結果、この大きさになってしまった。

ooy2.jpg

 オオヤマネコの最大の特徴は、耳の先端の尖った毛。これは家猫では見かけられない。

 今、作品全体傾向として、ミニチュアサイズに取り掛かっております。
ただニードルフェルトに拘ると、なかなか難しいので、クレイやモール等を取り入れて、
完成度の高いもりを模索中。クレイやモールの技術は未熟なので、まだまだ勉強中

 12/12まで、奈良近鉄で作品の一部委託販売中です。



にほんブログ村

ミニチュアハリネズミ

作りたいものだけを作れるのは幸せだけど、現実なかなかそう言う訳にはいかない

 ハリネズミは、針の部分をどう作るか?が問題で、解決策として、テディベアのハリネズミ用モヘアを使う人が多い。
これを使えば、お手軽に完成度の高いものを作る事ができるが、それなりの価格だし、実物大のものしか作れない。
それと既製品で間に合わすのは、面白くない。

 販売とカルチャーの生徒さん絡みの需要を考えると、ミニチュアサイズのハリネズミをつくるしかない。
本当は、それだけの理由で作るのは心苦しいだけなのだが、例の自作モールを使えば、
時間短縮できるので、何とか勢いでできる。



 ミニチュアハリネズミ大集合。大きさは、ほぼ500玉ぐらい。針の部分は、モヘアを使った自作モールに白に着色した
樹脂を塗りつけてカットした。満足できる仕様ではないが、お手軽度ではお薦め。

 これらは、来月のイベントの委託販売にまわす予定です。



にほんブログ村

ハイブリットアート

最近は、自作モールでの制作に凝っている。

 あくまで時間短縮目的の自作モールの新たな可能性に気づいた



 その可能性の一つが、

mb2.jpg
mb1.jpg

ハチのお尻の黒黄のストライプ模様に自作モールを使用。ミツバチのつもりが、スズメバチの大きさになってしまった。
それなら最初からスズメバチを作れば良い様なものだが、スズメバチに刺されたことがあるので、もう見たくもなかった

mmb3.jpg

 お花は本物のかすみ草と名前の分からない白い花。ちょうど亡き父親の月命日なので、撮影に利用。

  これは、ニードルフェルト、モール、クレイ、UVレジンを使ったハイブリットアート



にほんブログ村

クビワオオコウモリ

 ハロイン、ハロインと大騒ぎしだしたのは、何年ぐらい前からだろう?
恐らく10年前なら極一部の人のお祭りだったと思う。
世捨て人で。おっさん代表の私にはまったく関係のない事。

 しかし、今回の新作は、コウモリ。何も合わせたわけではなく、以前から作りたかった
ものがたまたまこの時期になっただけ。

kok5.jpg

 一般的なコウモリは、お世辞にも可愛いとは言えない。
しかし、世界中でオオコウモリと呼ばれるものは、犬の様な顔で、愛嬌がある。
これは沖縄と小笠原に生息するオオコウモリの内、沖縄地方のクビワオオコウモリ


 kok6.jpg
 羽根を折り畳めるようにしたかったので、トイスケルトンをベースに傘の骨で骨組みを作った。

kok2.jpg
 今回、羽の質感を出すのに苦労した。フェルト羊毛ではなく、裏地に使う接着布を樹脂でコーティングして作った。
完璧ではないが、ほぼ満足できる質感になった。

 大きさは、実物より一回り小さくなってしまったが、それでもそこそこの大きさ。
暫くは、できるだけ小さなサイズのものを作ることになりそう。

 最後にクラフトフェアまつもとでお会いした方が、私の移動式什器に興味を示され、
ご自身のブログで紹介されています。
 
 リンクをはりますので、ご覧頂ければ幸いです。

 http://kurayuki.abeshoten.jp/blog/19387




にほんブログ村

 | HOME |  »

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2018-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。