今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

氷ノ山のすずのこ

 毎年この時期になると無性に食べたくなる物がある。

それは、すずのこ。地元では、すずことも呼ばれる根曲がり竹の竹の子。

山陰、北陸、東北地方の標高1000m以上の山のが産地。

地方により根曲がり竹、スズタケ、ヒメタケと呼び名が変る。

 今回は一人すずのこを採るためだけに氷ノ山に出掛けた

 目的はすずのこだけなので、四方にある登山口の内、林道で上まで上がれる殿下コースを選択。

やまめ茶屋から林道に入る。この道が半端でなく悪路間違っても高級車では入れない。

 平日なのに、何十台もの車。登山者は居ない。ほとんどが地元の農家の方。皆すずのこ目的。




 殿下コースの登山口には、真新しいバイオトイレが出来ていた。

 最初は農家の方に混じって、登山口から20分位の所で探した。
ところが、豪雪で今年は不作。おまけに、大勢の人が入ったせいで採り尽くされている。

 そんな時、珍しく登山者が下山して来た。

 「稜線の1300メートル付近でいくらでも生えている」と教えてくれた。

 早速、猛ダッシュ


riyusen.jpg


 明るく日当たりの良い稜線。奥に入らなくても、すぐ目の前に良質のすずのこがにょきにょき


suzuko.jpg

 本日の収穫。早く稜線に上っていれば、もっと採れたのに

コメント

すずこ てんぷらで GO

おおきに

今日はわざわざ有難う。
早速、実家で湯がいてもらって先ほど 「黒龍」純米吟醸の燗と一緒に頂きました。こう言うのを「粋」と言うのでしょうか。
ちょっとした贅沢。真心職人さんに合掌。

去年よりもたくさん収穫できましたね~~。とてもおいしそう~~。
単独登山は男の特権ですね。うらやましいかぎりです。
私も もっともっと山を楽しみたいです。
山の楽しみを教えてくれたのは真心さんですよ。 感謝してます。
いつも仲間に気を使い、細やかな心配りをしてるけど、
ご自身がもっと楽しんでくださいね。
真心さんが楽しく登山する姿に、みんな吸い寄せられます。

 ミッケさん、純米酒さん、 お口に合いましたでしょうか?すずのこは、ビール、
焼酎、地酒と何にでも合います。
 昨日は、ざく切りにして、明太子和えで食べました。これも最高!

かなぶんさん、 今回は一人だったので、時間のロスも少なく、自由に行動できました。でもやっぱり一人は寂しいですよ。

おいしそう!

真心職人さん、ご無沙汰です。
なかなか遊びに来れず、すみましぇーんm(__)m
山、あちこち行かれてるのですね!
そしてフェルト作りも!
記事、一気に読んで堪能させていただきました~、
ああ、お腹いっぱいです、いつもありがとうございます!(^o^)

すずのこ、たくさん生えてるんですねー!
獲れたては格別においしいんでしょーねー♪(食べたことないです)
冷酒くーっとしながら、つまんでみたいです!!
では、また~(^_-)

みんこさん、お久しぶりです。すずのこは、酒のアテに最高です。冷酒には特に合います。  東京からでしたら、東北の1000m以上の山に生えています。そちらでは、多分、根曲がり竹と呼ばれていると思います。素人でも簡単に採る事ができるので、レジャーとしてもお薦めです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/126-7c6b36ab

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)