今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

すずのこ、氷ノ山にて。

 小説「孤高の人」で知られる加藤文太郎が愛した山が、兵庫県の最高峰、氷ノ山(ひょうのせん)1510m。その穏やかで豊かな自然が、中学生の遠足から岳人の冬山訓練まで幅広く親しままれる所以だ。今回は、全山を覆うスズタケの筍「すずのこ」を求めて山に入った。
 鳥取県側若桜より、氷ノ越の峠を目指して入山。盛りを過ぎたサンカヨウも恨めしく、一時間半程で峠に着いた。そこからは、すずのこを採りながら、ピークを目指す。
PDR_0030123.jpg

学名チシマザサ 地方により根曲がり竹、スズタケ、ヒメタケと呼び名が変わる。その筍は、氷ノ山のある但馬地方ではスズコとかスズノコとか呼ばれる。

PDR_004778.jpg

ピークでは早速、採れ立てのスズノコを湯がいたり、天ぷらにして味わう。
PDR_005459.jpg

帰りは、谷筋を下る。昨年の台風の傷跡が痛々しいが、往路では終わっていたサンカヨウが群生して咲いていた。
20050530172518.jpg
サンカヨウ
20050530172639.jpg

 こんな所にイソギンチャク?実は、白花のイワカガミ
20050530172736.jpg
七草の一つ、セリの大群落。すずのこに次いで、山の幸をゲット。

 氷ノ山は、登って良し、見て良し、食べて良しの最高の山であった。

コメント

美味そう

これはマヨネーズ付けて食べるんか?

こんばんは、マヨネーズも良し、味噌も良し、炊き込みご飯、天ぷら、味噌汁。地酒に良く合います。

おいしそ~

 真心さん、こんにちは。今年は、一回しか、それも少量しか食べられなかったわ。天ぷらなんかにはした事ないです。
 私は、トースターで焼いて、マヨネーズとしょうゆと、七味で食べます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/21-2c070c18

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)