今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

台高癒しの谷

 近畿のマッターホルンと言われる高見山と近畿の屋根と言われる大台ケ原、この二つの山をつなぐ山脈を台高山脈と言う。

 癒しの谷を遡行してその枝尾根にあたる木梶山経由する周回コースを歩いて来た。
 予てより行きたかったルート。一人では不安が残り、山仲間にご同行頂いた。

癒しの谷。取り付きにいきなりゴルジュ。このせいか入渓する人は少ない。それでも大概のルートはテープなどの目印があるものだが、このルートは、道標は言うまでもなくテープも皆無。踏跡さえも定かではない。
 こんな時は、読図力が物を言う。



  静かな谷。このすばらしい空間を我々だけで独占。

dj3.jpg

谷を詰め、右岸の尾根に取り付く、登ると言うりは張り付くと言った方がふさわしい急登。もちろん道はない。
 やっと登り着いた枝尾根に巨大なサルノコシカケ私が座ってもビクともしない。

dj2.jpg

 最終目標の木梶山への最後の登り。柔らかな尾根筋。優しい曲線が高みへと誘う。

 今回の山では、昼食時に三重県を襲った地震に遭遇。山の上での地震は初めて。岩場でなくて良かった。

コメント

嵌まりました

素晴らしい谷につれてっていただいて感謝しています。
すっかり嵌まってしまいました。
あの一週間後にゼエノ谷(木梶谷)を遡行しましたが、ここも地蔵谷に輪をかけて素晴らしかったです。危険度も輪をかけていましたが。
5/19に三回目を行きます。ディープ木梶 part2、ご一緒しませんか?

モグトレさん、いや~最高の谷でした。台高は柔らかな谷尾根で気持が良いです。5/19は大御影山に行く予定です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/216-b5cd7fed

ゴルジュゴルジュ(仏:gorge)は、切り立った岩壁にはさまれた峡谷を意味する登山用語。フランス語で「のど」という意味。(のどのように狭くなっているところから).wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- H

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)