今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

マタドール

 台風の接近で慌しい日々。我が家の屋根が飛ばないか?気が気でないし、気圧の変化が顕著で腱鞘炎が疼きます
 天気の悪さに加え、台所事情も重なって、身動き取れない毎日。

こんな時は、フェルトが最適。HP作りからも開放され、ひたすらチクチクします。

 今までは、作品の販売には余り力を入れていませんでした。HPを作ったからには、未熟ながらもプロの仲間入り。その記念として、毛色の変った作品を作りました。  

 久しぶりに人間に挑戦。動物とのコラボです。
mata3.jpg



  これを見て、あれ?と思った方も居られるはず!そう闘牛に使う布は赤いはずじゃ

 この作品を作るに当っていろいろ調べました。以下その受売り
 
 スペインの闘牛に使う布には二種類あります。一つは表がピンク裏がイエローカポーテと呼ばれるもの。
 これは正闘牛士と助手の闘牛士が、最初に牛の性質を見極める時に使うもの。

 その次に、ピカドールが馬上から槍で牛の首筋を二突きします。(適度に弱らせて、首を下げさせる為)
 次にバンデリジェーロと呼ばれる人が、背中に飾りつきの銛を二本づつ三人が計6本突き刺します。

 最後に、正闘牛士(マタドール)がムレータと呼ぶ赤い布と剣で対決します。

mata2.jpg
一番有名なムレータを持つ場面にしたかったのですが、それなら牛の背中に銛が刺さった状態にする必要があります。それでは生々しいので、カポーテを使っている最初の様子見の段階を再現しました。

 それともう一つ。ムレータを使う最後の場面では、マタドールは、モンテラと呼ばれる帽子を被りません。それはその前に闘牛の主催者に敬意を表わすために帽子を投げるからです。
 闘牛らしさを再現するのにどうしても帽子も表現したかったので、最初の場面に拘った次第です。

mata1.jpg

 もちろん帽子は着脱可能。 カラフルな衣装を飾る刺繍は、知り合いの鼻緒職人さんから頂いた化粧の布テープを使いました。お陰でゴージャスな衣装が出来ました。ありがとうございました

実は、その姿勢ゆえ自立出来ません。牡牛にもたれさせて辛うじて立っています

 人間は作るの難しいです。それだけに上手く作れる様になれば、表現の幅も広がります。今回はカポーテは石鹸水で作りました。ニードルと石鹸水。人間と動物。いろんなモデル技法を駆使した今回の作品は作っていて面白かった


            フェルトのHP
                 
 フェルトアニマル工房 真心堂


コメント

こりゃ~おもしろい!

おはようございます。真心さん

屋、屋根どーでしたかぁ?
一応、飛んで行きそうな物は、家の中へ非難させましたが、
たいした事なくて、一安心。
でも、各地で被害が出ていて、心が痛みます。


真心さんの今回のこの作品、
ユニークな発想で、おもしろいですね
闘牛士と牛のピシッとした感じのなかに、真心さんのスパイスが入ってほのぼのしてて、可愛いとさえ思っていまうのは私だけかなぁ?

作っていておもしろい!とおっしゃる真心さんの気持ち、よく分かります。
色んな場面を、題材にして作品をつくるって・・・
真心さんワールドの始まりですねぇー (あっ、すでにもう始まっていた!サバンナ計画)
キャー、楽しみです。
私も、羊毛人間には挑戦してみたいなと思っていました。
又、教えて下さいませね。

クール!

闘牛士が凛々しくて、牛の雄雄しさも出ていて、
凄~くいいです。
物語がありそうで、奥深そう!
人形と言えば、羊毛倉庫さんが完成度の高い作品を作られます。
ご覧になると、参考になるかもしれません。
製作過程がわかります。
http://yoomoo.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%94

deeper-b さん、頭の中で状況を思い浮かべながら作るのは楽しいですね。
 まだまだ色々アイデアはありますが、時間手間が掛かるので、商売気抜きで作る覚悟が要ります。将来、個展をするつもりでコツコツ作っていきます。

room-kさん、羊毛倉庫さんは、随分前からお気に入りに入れて、拝見しています。非常に味わいのある完成度の高い作品ばかり。人間を作ってみてあらためてそのすばらしい出来ばえに感嘆するばかりです。

大作にとりかかっていると聞いて、楽しみにしていました!
これは本当に大作ですね!!
人形の衣装もとても素敵です!
私も、実はもっと人間を作ってみたくて…
いっしょに個展、できたらいいなぁ…

じゃこぶうさん、 レンタルボックスの店長から、貴方の作品は、ギャラリーで個展向きと言われました。それ程の完成度が高いとは思いませんが、作品自体大きめなので、展示の仕方に工夫が出来るギャラリーの方が自由度が高い事は事実だと思います。
 ギャラリーには人間の作品も見栄えがしますね。そう遠くない内に(具体的に目標日を決めて)個展を開きたいですね。

すごいですね~~☆
尊敬!!☆~~~
刺繍はどうやってつけたんでしょう・・・^^
もぉ^^アートの世界ですね~~

私もフェルトだけのブログこっそりしています^^;へへ

でんでん虫さん、 化粧テープは幅が15ミリほどあります。真ん中の部分を残して、端っこを羊毛で埋めて止めました。肩の飾りは、グルーガンの糊(樹脂を電熱で溶かしつけるやつ。)でとめました。

 フェルトブログのURLもまた教えて下さいね。

グルーガンはいいですよね^^すぐにくっつきますし。。お花でも使います。。。
私のブログは不真面目で、かなりいい加減です~^^;;;;;
恥ずかしいです~~~
なんだか記事管理がややこしいんですよねぇ~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/232-1d680de7

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)