今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

お昼寝ラッコ

   6月2日(水)~6月8日(火)まで 高島屋大阪店(難波)7Fにて「初夏のクラフト作家展」

 が開催されます。 ギフト売り場の期間拡充で開いたスペースを利用して、慌しく決まった企画。

 7階の商品券売り場を目安にお越し頂ければ、目の前です。 全日、10時より20時まで、実演販売します。




 このラッコは、私のいつもの作品とは決定的に違うところがあります。それは、重さと質感
いつもは骨格や筋肉を意識して作る為、結果硬くて密度が濃い体になります。これは、余り重たくすると昆布の中のピアノ線が持たないので、できるだけ軽く仕上げてます。 その代わり細かなデティールや質感は犠牲になりましたが、ラッコ達の可愛い雰囲気は出せたと思っています。

kr1.jpg

 昆布は、ニードルでチクチクした後、石鹸水でスリスリして滑らかさを出しています。錆びない様に中のピアノ線はステンレスです。 土台の木は、モアビ(南洋桜)と呼ばれる硬くて緻密な木です。

 このラッコは、二月の個展に出して売れたので、再度作りました。高島屋とドールワールドで評判良ければ、定番化するかも知れません。

  どうぞ、お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

コメント

いつも見ていてほんわかな気分になります。

無理せず、でも好きな物が作れると良いですね

Re: タイトルなし

tane さん、 ありがとうございます。

 これは、いつもの作風とは異なりふんわり作ったので、少々甘い仕上がりになっています。それが納得いかないとと言えば納得いきません。 それでもゆらゆら揺れる趣を味わって欲しいとおもっています。

最近何故作っているのか、わからなくなること多しです。

元々材料の在庫処分みたいに始めたものの、諸々あって、このままじゃ終わりたくないと思ったのもありますが、レンタルスペースを利用させてもらううちに、自分が作りたいと思うもの以外を作ることも増えました。

リクエストがなければ作らなかったものもありますが、でも作っている何かを考えてしまう時間が多々あります。

Re: タイトルなし

tane さん、 作家は、皆その悩みを抱えています。

 作品と商品との使い分け。作品がコンスタントに売れるならこんな悩みはないのですが、世の中上手くはいかないですね。
 でも作品か商品かを決めるのは、自分自身。使われている身なら、この選択権は自分にはありません。
 作家だからこそ、自分で絵を描く事ができます。どうか上手く世の中を渡りつつ、自分の色を出して行って下さいね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/383-21e1771e

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)