今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

途中経過と公募展

 例の等身大アニマル。途中経過です。



 足先部分。何となくどんな動物か?分かるでしょう!

 ビックキャットの一員。俊足のハンターです。 モヘアの感触は、心地よく。本物の足先を触っているようです。 問題は肉球。触り心地を優先すれば、フェルト以外の素材が必要。レザーが適当だけど、ほとんど目に触れないし、実際に触ったことないので、本当の触り心地は分からないし。どうするかは、今後の進展次第。


rt4.jpg

こちらは、ほぼ肉付け完了。皮にあたる毛並み模様は、6割ほど出来ております。肝心の頭部は、これから製作。
 いつもの私の作り方は、頭部からですが、可動関節金属骨格の調整が難しく、胴体に合わせて頭部を作ります。
しかし、この胴体も前回の骨組みから肉付けの段階で、やはり大きくなり骨格を作り直しております。ワイヤー芯なら、ペンチでチョキンで済むけど、これは一旦ばらして、高速カッター(切断時火花が出る)で短くしたり、ボール盤で穴を開けたりと一から作るのと変わらない手間。

 そんな苦労をしても、まだちょっと大きい。多分個体差の内、一番大きな個体になるぐらいです。

 途中の見てくれは良くないけど、こうして少しずつ肉付けする事によって、細かな筋肉の動きを再現できます。

これが単なるぬいぐるみとの大きな違い

 全て下地材で作ると材料費が嵩むので、スポンジや果物を包むネット、糸や麻紐、お腹にはペットボトルも入っています。


 本当は、公開するのは完成後様子をみてからのつもりでした。しかし公の場でお披露目する機会が極端に少なく、この作品は、ハンズ大賞テレビ番組のアート企画に応募するつもりでした。
 しかし、ハンズ大賞は今年から休止。テレビは、例の大物司会者が引退して、アート企画も出来るか分からないし、番組自体の存続も危うい。

 私の作品自体マニアック性が強く、フェルトや人形の分野ではなかなか売り出し難いと思っています。
アートとしてなら多少は受け入れてもらえるかも知れない。

 でもアートの分野でも不平等は有って、学生優先や年齢制限で私の様な中高年には、なかなかチャンスが巡って来ません。

 そんな中、数少ない応募資格の無い公募展がありました。

mw21.jpg
 月のアート展、 京都と奈良の県境近くにあるけいはんな記念公園内のギャラリーで毎年開催されています。

 ありがたい事に何とか入選させて頂きました。作品の詳細については後日に。

 詳しくはこちら   http://www.keihanna-park.jp/

mw22.jpg

先日、直接納品。その時の写真。見事な庭園。 新興都市の顔にふさわしい趣です。

 例の乗馬場から車で5~6分のところ。納品の帰りにも立ち寄りました。久しぶりのお馬さん達。頭数も増え、馬場も落ち着いてきて、癒されました。

 この乗馬場については、またあらためてご紹介したいと思います。

コメント

チーターかな?って気がしましたが、違いますか?(^_^;)

近くなら是非見に行きたいのにちょっと残念です(;´д`)

でも、素敵な庭園ですね

Re: タイトルなし

tane さん、 ありがとうございます。

 そうです、チーター。私の大好きなアニマル。完成は未だ先ですが、日々形になっていくのが、面白いです。

 けいはんな記念公園は、交通の便が悪く、関西からも行き難い場所。本当は、内緒にしておくつもりだったのですが、最近ブログネタもなくて、載せてしまいました。

 実績のあるアーティストが多く入選されているみたいで、末席に加えてもらってありがたいです。


こんばんわ。いつも妻がお世話になっています。
裏じゃっくら~こと、夫の方です。
いつも【男の人が作ったな~!】と一目で解る、猛々しいというか、ダイナミックというか、格好のよい作品にただただ感心し、拝見させて頂いております。
今回の作品もすごいとしか言えませんね!
肉球の部分ですが、この頃はとてもいい材料があふれてどれを使っていいかわからないくらいですが、先日購入した【軽量粘土】という粘土は、乾燥後もふにゃっとやわらかく、色を混ぜる事もできるので、僭越ながらお探しの素材に近いのではと思いました。実際私も大型猫の足には触ったことが無いので想像の世界ですが・・・w
作品の完成、楽しみにしています。
それでは失礼いたします。

Re: タイトルなし

裏じゃっくら~さん、 こちらこそお世話になっております。

 私も毎日拝見しております。いつも読み逃げで申し訳ありません。

 このチーターは、今までのものとはいろんな意味で一線を隔す作品となる心意気で望んでおります。

 肉球素材の情報、ありがとうございます。 確かに軽量粘度の弾力は、一考の価値がありますね。値段もお手頃で、一度試してみます。 

 お礼と言っては何ですが、ブログを拝見していると、下地に商品名「ワタワタ」を使ってらっしゃるみたい。
性能は良いのですが、値段がそこそこします。 私は、この記事でも載せている写真の白い部分。それは、ダイソー(100均)のクッション用の化繊ワタです。ニードルで適度な硬さに固まるし何より安くて量も多いので、重宝しています。 ニードルは普通のもいけますが、「金の羊」の極太針が折れる心配もなく効率が良いです。
 一度試してみて下さい。

 小物製作、かなりの腕前ですね。夫婦共同制作、私には羨ましい限りです。

 



すごい~

リアルな手と足?でしょうか・・・すごいですっ^^
レザーですが・・・裏のスエードの感触ってどうなんでしょうね。。。
案外テディベア作家さんが足や手に使っていますが。。。

出来上がり、楽しみにしていますね^^

Re: すごい~

でんでん虫 さん、 ありがとうございます。

 手足の肉球は、最後の方に付けることになると思います。それまではやることがいっぱいあって、どうするかはボチボチ考えます。
 フェルトに拘らずにいろんな分野に視野を広げると、ヒントがいっぱい詰まっていそうですね。

 完成まではまだまだですが、他にもいろいろと課題があるので、できるだけ早く仕上げてしまうつもりです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/421-b5df0b2f

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)