今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

白ウサギ

 本日より守口市の京阪百貨店7階のギャラりーでNHKカルチャーの合同展示が行われています。

 昨年同時期の展示では、等身大チーターなどいろいろと提出したのですが、今年は、忙しい上に北浜のギャラリーと重なり、少しだけの展示となりました。



 スカスカ状態。 右端の鹿は生徒さん作品、私と違って細部にまで念入りに作られています。

 

 


 そろそろ東京への納品も考えていかないといけない時期となりました。
数も必要だけど、完成度やセンスも手を抜けません。

 
何度も言う様に製作よりも考える方が大変。ここは、バイヤーさんの目に留まった作品のスケールアップしたものを作ってみましょうかね。

マクトウィスプと言う名のアリスのキャラです。
 このウサギは、客観的評価は別にして、自分の中ではお気に入りのもの。


 今回のは、これをモデルにして少し大きくて本格的なものになりました。

wr4.jpg

 今回の服装はフェルトでなく、手縫い。 全く洋裁の技術がないので、大変でした。 

 全高25cm。仕上げはモヘア。

wr5.jpg

 多分、第一印象は、「怖い、可愛くない」でしょうね。 でも原作者のルイス.キャロルの世界を表現したジョン.テニエルの挿絵。それを映像化したティム.バートンのアリスは、こんな感じです。
 ここで大衆に迎合した可愛いだけの白ウサギでは、なかなかその世界を表現できません。

wr2.jpg

 白目のある目玉だと、擬人化にはぴったりかも知れません。よく見てもらうと分かるのですが、白目には血管が浮き上がっています。 

 この手の白目の動物は、映画「マダガスカル」のキャラもそうです。私はこのシリーズのキャラは好きで、いずれ作ろうと考えております。


 京阪百貨店での展示は、20日まで。 17日(土)は、北浜の遊気Qでワークショップです。



コメント

洋服縫われたんですね。すごいです。。お疲れ様でした。
うさぎさん、かわいければいいってもんでもなくて・・・
でも職人さんが思うほど怖くないのではと思いますが
羊さんだってホントは怖いですよ~~けものですから。。。
ただかわいいのが一般うけするってことで。。。
モヘアはやっぱりいいですね♪

Re: タイトルなし

でんでん虫 さん、 ありがとうございます。

 洋裁そのものが、一つのジャンルとして確立している文化技術なのに、無謀にも踏み入れてしまいました。
こんな時にミシンがあればと思う次第です。
 立体裁断できないので、ボディにフィットせず、完成度は余り高くないです。これからもっと練習しなければいけないです。

 目玉に白目がついていると、途端にリアリティが増しますね。でも白目つきの目玉は、ものすごく手間が掛かるんです。しかも失敗する確立も高くて、余り作りたくない部材です。
 羊や山羊の目は、確かに怖いですね。瞳が横長で、これまた作るのが難しくて、丸い瞳のもので代用しています。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/480-2bc5d384

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)