今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

黄金比

 黄金比と言うのは、縦横のバランスの取れた理想的な寸法らしいです。主に顔とか建築とかパッケージデザイン等の寸法的な事。

 ここで私が言う黄金比は、寸法だけでなく、質感、段取り、コストなどもっと幅広く捉えた上での作品制作の事。

 
 骨組みにワイヤーだけでなく、金属やトイスケルトンなどの可動材を使うのは付加価値として可動させているだけではありません。
 各関節を決めて、骨組みをしっかりと組むことによって、筋肉の状態を把握しながらより精緻な体型を実現するのに有効だから。

 トイスケルトンは、非常に使いやすくて丈夫で、完成度の高い骨組みですが、なにぶん高価で構造的な欠点も持ち合わせています。それは、象の鼻や背骨尻尾などの部位には合っているのですが、関節部分には不向き

 90度の角度を曲げるのに、約10ピースほど要ります。円弧を描く様な曲がり方しかできず、関節のシャープな動きはできず。これは私の使い方には致命的で、子供の様なずんぐりした体型にならざるを得なくなっていました。

 そこで思い切ってトイスケルトンを改造して、わずか2ピースで90度まで曲がるようにしました。ほんの少しの改造ですが、表現力が大幅に向上

 これで関節部分の作りが明確になり、よりリアルな体型を実現でき、大腿骨や脛、上腕など曲がらなくても良い部分は金属部材等で代用できて、コストも抑えられるようになりました。


 更にこの関節を使った大きさが、既存のスワロフスキーを使った目玉の大きさに合い、小さいものには不釣合いなモヘア仕上げにもちょうど良いサイズになりました。

 最終的にマスコット系よりはかなり大きいサイズになりましたが、元よりアートとしての作品を意識していたので、問題なし。売れるかどうかは別にして、それなりの値段をつける事に抵抗は少なくなりました。





 実は、このチーターは、2年ほど前に骨組みを除いて、ほぼ完成しておりました。何とか関節部分を理想の形にしたい為、ガンプラなどの改造に使うプラスチックの球体関節で骨組み作ったけど、満足できず。そのまま放置。
 手術の如く、体を切り開いて、骨組み交換。サイボーグチーターの様

tut5.jpg

 首から背骨、尻尾までトイスケルトンの特性を生かして、自由に曲がります。手足の関節は、改造した部材で曲がる角度を鋭角にして、別方向には制限。まだまだ改造の余地はありますが、実物の動きを表現できる幅が大きくなりました。

tut7.jpg
 一つ残念なのはトイスケルトン自体、一つのピースの直径が大きいこと。足首手首等には、別のジョイントを入れています。

tut1.jpg

トムソンガゼルを追いかけております。前の記事のものより迫力が増したと思います。

tut2.jpg

 いつもの様に大阪城にて撮影。平日とは言え、春の陽気で大勢の観光客。外国の方も多くて、草の根の海外アピールにもなりました。


 一つの部材が全ての流れを決める。まさに黄金比の部材となりました。上位グレードの作品のスタンダードにしたいと思っております。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村


 

コメント

確かに製作コストと必要なパーツのサイズ等の問題はどこの世界でもある意味避けては通れない課題ですね(;´д`)

私は比較的、アクセサリーを作る際、残るよりは買いやすい値段と言うことで、ものにも寄りますが、だいたい高くても1500円くらいで価格をつけますが、勿論、値下げしても材料費くらいは残るくらいの設定なので、材料費がかさむと最終的にまで響きますので、なかなか考えてしまいますね(;´д`)

Re: タイトルなし

tane さん、 ありがとうございます。

 フェルトの場合は、比較的材料費が掛からず、特に小さいものは顕著です。ほとんど手間賃なので、なかなか商品として売るのは難しいです。その上、材料費まで掛かるとなれば、値段設定はかなりハードになります。

 でも私の最終的に目指すアートは二つ。一つは、触るアート。特に目の不自由な方の感覚に訴えるもの。
もう一つは、コマ撮り動画。その為には、つっかりした可動部材が不可欠です。

 どちらも遠き道程、余り経済的なことを考えると割りに合わないので、なるべく考えない様にしています。

里親探しでお世話になっています近所のキューリグさんのブログに、いつか子猫を拾ったものの、その方は飼いたいんだけどお母さんの介護があるので動物は無理と、里親探しを依頼され、お店に入るまでとりあえず家に置かれていた方の話がありますが、なんと介護を必要としてあるお母さんが子猫と接しているうちに幾分良い兆しが出てきたのでそのまま飼われたとか。

また、とても大好きなのにアレルギーで飼えないって切実な方もいらっしゃるから、生涯そのこ達を飼い続けての経費から考えたらば、随分リーズナブルではないでしょうか?お求めになられる方にとってもですね(^_^;)

Re: タイトルなし


taneさん、良い話ですね。  まさにアニマルセラピーですね。

 老人ホームを慰問する動物も居るようです。我が家の場合は、私のだらしない性格から家の中が散らかり放題なので、猫を飼えば、片付け癖が付くかも知れません。しかし、具合が悪くなっても医者に連れて行く余裕がないので、やはり諦めるしかないようです(涙)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/499-c6330757

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)