今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

準備完了

 昨日今日で建前の準備が出来ました。日、祝は作業禁止。建前は11日です。今回は、仕口がホゾでなく、金物を使うやり方。この工法だと、ホゾ穴による欠損部分が少なくなり、強度が増します。同時に、胴付きがぴったりとくっ付き、濁りが少なくなります。今後はこの工法が増えてくると思われます。




 仕事の話のついでに! 今回の物件を請けた親方は、尺目を使います。

建築に関らず、物を作る職業の人はミリを使います。一般の方はほとんどセンチを使うのではないでしょうか?例えば、1m82cmを職人は、1820mmと表します。

 でも、大工はミリ単位の他に、尺や寸を使います。これは、建材が尺を基準なので、それの方が便利だからです。

 1尺は、約303mm。1寸は、約30.3mm

一般に3×6板と言われる、ボードやベニヤ板等の面材は3尺×6尺の大きさ。これは、畳の寸法と同じです。もっとも畳は地方により大きさが違いますが。

 これをミリに直すと1820ミリ×910ミリとなります。

ちなみに6尺(1820mm)で一間(いっけん)。良く何間間口とか言うのは、この事です。そして、一間×一間、畳二枚分が一坪です。

 私は、尺もミリも使いますが、夕方になって暗くなってくると、目の粗い尺目の方が見やすくなります。

コメント

物差しからノギスそしてマイクロメーター

長いタイトルで御免。
学生時代は物差ししか使ったことが無かった。
仕事を始めたころ、ノギスが必要になった。
現在、マイクロメーターやピンゲージで100分の1を気にするようになった。
当然手間隙掛かるようになったが、お客も自分も満足度は高まったと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/54-ac2403d8

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)