今日はみなみ風

風の様にさりげなく生きたい。無頼派職人のこだわりの仕事と 趣味を綴ります。

クラフトフェアまつもと2016終了しました。

 クラフトフェアまつもと2016、無事終了しました。 サミットの影響を心配したが、特に問題なく、三重県を抜けられました。
それでも東名阪自動車道を跨ぐ高架橋すべてに警官が立っておりました。

 お陰様で、たくさんの人に見て頂き、本当にありがたいです。

 
 お客様が来られる前の状態。 嵐の前の静けさ。

ma161.jpg
 今回の目玉、ハシビロコウと唐木のブローチ。

 mt164.jpg
 大型のハシビロコウとお猿さん達。

 mt163.jpg
 二日目は、こうしてぶら下げていると、集客力アップ

 毎度の事ながら、一人参加だと、トイレに行く暇もありません。それでも大勢の方にお披露目していると、時間の経つのが早い。

 恐らくギャラリーやデパートの展示よりも多くの人の目に留まっていると思う。他の出展者さんが、時折見に来て、いつも人だかりで羨ましいと言われます。(ニードルフェルトは、私含めて2~3/250)
 大型作品は、特にお子さんが興味を持ち、こちらの狙い通りですが、その分、作品を乱暴に扱われたりと、嬉しくもあり、悲しくもあり。
 かなり自由にディスプレイやパフォーマンスが出来るのが、松本の魅力。利益よりも大勢の目に触れ、本当に自分の作品を愛してもらえる方と出会える、これが最大の喜びなのです。

 それと松本の魅力の一つに、たくさんのワンちゃんと触れ合える事。今回は、イエローラブ、白毛のゴールデンレトリーバー、シーズー、パグ、ダックス、フレブル、バーニーズマウンテンドッグ、秋田犬、柴、ボーダーコリー、等々。それと本物のフクロウまでも。

 でも大きなイベントで、遠方でもあり、準備移動搬出入、接客と、一人参加は加齢とともに難しくなってきたのも事実。
いつまで続けられるか分からないけど、十分意義のあるイベントです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村



コメント

職人さんお疲れさまでした!レポートありがとうございます(*^-^*)

デザフェス並みの集客力がありながら、出展者の数が少ないというのは出す側にはすごいメリット有りますよね。あと、どうしてもハンドメイドベントだとアート系作家と雑貨系作家の作品が比べられてしまいますが、そういうこともなさそうなのがいい!

羊毛フェルトはデリケートな作品というのが、デメリットと言えばデメリットですよね(>w<でも、子供たちをひきつけるというのは、本当に説明抜きに魅力があるんだろうと思います♪

本当にお疲れ様でした<(_ _)>ゆっくり休んでくださいねー!

Re: タイトルなし

おばけ*ねこ さん、ありがとうございます。

 本当に疲れました。できれば、帰りに何処かでゆっくりしたかったのですが、貧乏性ゆえ、まっすぐ帰りました。

 この松本は、独特の雰囲気があって、それにあった作家さんも集まります。全体的にアートでしょうね。
私なんかは、木工や焼き物などと比べると、色物扱いでむしろ目立ってしまうかも知れません。
 フェルトのメジャー、可愛いもの系は、このイベントには合わない気がします。デザフェスとはここが違うところでしょう。

 と言いつつ、11月のデザフェス申し込みました。土曜一日だけですが、一度雰囲気を見てみたいと思っています。もちろん、抽選に受かったとの前提です(汗) 松本は、審査料が無ければ、もっと倍率高くなるでしょう。私の実力では、毎年参加は難しいですが、申請だけは毎年行っています(涙)

 言葉は悪いですが、お客様が涌いてくると言う感じです。引っ切り無しに次々と来られて、テントの周りを取り囲まれて、
暗くなるぐらいです。従って、一人参加では、食事もトイレも行けません。
 お隣に留守番頼むのもお互い忙しいので、無理があります。本当は、こういうイベントでの楽しみの一つに他の作家さんとの交流があるのですが、それがする暇がないのが、唯一残念な点です。

 もうすぐ一週間になりますが、またどこかに参加したいと、うずうずしている日々です。




おつかれさまでした。
やっぱりすごいんですね~~~
触ってみたくなる気持ちもわかるし、でも触られると・・・(;´∀`)とも思うし、
難しいですがたくさんの方に作品を見ていただけるってすごいし、ありがたいですよね。
お疲れになると思いますがなにかあれば参加してくださいね。
私はもう作ることさえムリかなと思ってます(;´∀`)

Re: タイトルなし

でんでん虫 さん、ありがとうございます。

 いつもの事ながら、複雑な心境です。触っても良いですか? とか写真撮っても良いですか?
と聞かれれば、どうぞどうぞ!となるのですが、いきなり耳などの取れ易い部分を持って持ち上げたりする
子供も居るので、困りものです。
 そんなときは、「動物さん、痛い痛いと言ってる、優しく触ってね」と言います。一見、ぬいぐるみに見えるところが
フェルトの宿命なのでしょうね。

 今回、唐木のブローチもたくさん出ました。動物モチーフの木製品やその他の素材にも挑戦したいと思っています。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magocoroshokunin.blog7.fc2.com/tb.php/592-2840335f

 | HOME | 

Appendix

真心職人

真心職人

職業 大工職人 趣味 山歩き、木工クラフト、羊毛フェルト

FC2Ad

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

 1クリックお願いします。 にほんブログ村 ポータルブログへ 「竹泉」「龍力」「英勲」「やたがらす」など本物の地酒を販売。
【日本酒と美味酒肴 和乃蔵】
人気blogランキングへ
  >(blog)